鶴見緑地・咲くやこの花館にて

熱帯から乾燥地帯、高山、極地圏までの、地球上のさまざまな気候帯に生育する植物約2600種、約15,000株を温室、冷室8つのゾーンにわけて栽培展示する総合植物館です。季節ごとに、さまざまなイベントを開催しています。
ヒマラヤの青いケシや熱帯スイレンなどを開花調整し、一年中見られるほか、季節の花も含め約300種の花を常に楽しめます。
1990年4月から9月に開催されたEXPO'90「国際花と緑の博覧会」で大阪市のパビリオンとして建設されました。
 
名前の由来は?
「咲くやこの花館」の名称は、一般に公募して決定したもので、古今和歌集にうたわれている、「難波津に咲くやこの花冬ごもり 今は春べと咲くやこの花」の古歌に由来しています。
 
外観のデザインは?
当館が位置する鶴見緑地の周辺の原風景が湿地帯であったことから、水面に浮かぶスイレンの花をイメージし、約5000枚のガラスを使ってデザインされています。
 
咲くやこの花館
 
【所在地】
〒538-0036
大阪府大阪市鶴見区緑地公園2−163
【交通案内】
地下鉄長堀鶴見緑地線で鶴見緑地駅下車徒歩約10分。
 
*咲くやこの花館には、地下鉄、バス等公共交通機関をご利用下さい。
【その他】
ペットを連れてのご入館は、ご遠慮いただいております。予めご了承ください。
【入館料】
大人・・・・・・・・500円
中学生以下、障害者手帳をお持ちの方は無料、 証明書の提示が必要です。
平成19年度4月1日から65歳以上の方は大阪市内居住者のみ無料となります。
<団体割引>
 30人以上・・・・・1割引
 50人以上・・・・・2割引
 100人以上・・・・3割引
 
(咲くやこの花館、公式ホームページより)
 
 
鶴見緑地にて
熱帯スイレン
熱帯植物
高山植物
蓮のいろいろ
食虫植物
2009年後半写真集に戻る

Updated: 2009/7/20
Copyright t-katsuhiko Allrights Reserved 2009.